■日本航空新塗装(`・ω・´)■皇紀2673年8月10日土曜日

sorarisu00882013-08-10


ネットを彷徨してて見つけた。もうちっとどうにかならんかねえ・・・旭日の位置とか光条の本数とかまだまだ試行錯誤の余地はあるね・・・

今の日本国政府専用機の塗装がくっそダサいので、旭日旗の意匠を採用してみてはどうかと思うんだけどねー

★1/400 747-400 日本国政府専用機 20-1101 ジェミニマックス(ガリバー) GMJSD041【ご予約:お取寄せ販売商品】 ★



★日本未発売★海外限定カラーも多数★芸能人 海外セレブ愛用★ブランド腕時計 ブライトリング Breitling Bentley Motors Speed 18kt Rose Gold Mens Watch R2536712-B953BKCT ★

1884年にLeon Breitlingがスイスで創業したウォッチブランド。 ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカと世界各国で展開している、世界的ブランドです。

各国空軍のコックピットクロックや公式腕時計に 採用され続ける高い機能と信頼性で、 実際にプロの操縦士(パイロット)が数多く 着用する計器として、ブランド時計の枠を超えた抜群のスペックを誇ります。

デビッド・ベッカムエルトン・ジョンジョン・トラボルタメル・ギブソン、日本では手塚治虫さん、美輪明宏さん 三上博史さんも愛用しています。★

★友禅 古美術屏風 『 宝 』 とは
日本の国宝や重要文化財の「古美術やまと絵屏風」を、複製を超える新しい美術工芸品として昇華させ、世に送り出したのが、友禅古美術屏風『宝』です。
俵屋宗達尾形光琳、その他、数多く国宝を遺している絵師達が、実は、着物の友禅師や扇絵師から出発しているという事実から発想し、「友禅から出て、友禅に帰る」として、友禅の伝統工芸士達に、一作一年の  歳月を費やし、精進してもらい、絹地に金箔を置き、本格的「絹本金地彩色友禅屏風絵」として完成した『宝』を末長くご所蔵下さるようお願い申し上げます。
「宝」は俵屋宗達光琳など、日本古典絵画の巨匠作品を友禅美術工芸屏風として表現しました
俵屋宗達尾形光琳に代表される日本古典絵画の精髄を「宝」として再現いたしました。
友禅 古典屏風を『宝』と命名しましたのは、国宝級の作品を題材として、現代美術工芸の粋を尽くしているからです。
サイズ : W360cm×H175cm×2★

★京都で創業1830年以来、仏壇・仏具一筋に歩んできた若林が自信を持ってお奨めする「伝統的工芸品京仏壇です。その製作の過程はそれぞれが専門の分野に分かれ、総合組み立てにいたるまで京都にて一貫した製作がなされています。受注生産が基本ですから、お客様のご要望に沿ったお客様だけのお仏壇が製作できます。
詳細 浄土真宗本願寺派西本願寺)用 最上品 三方御堂造り 前開き/ 天然本漆塗り 純金箔押し
【寸法】外巾116cm 奥行86cm 高さ185cm
木地材料 本体の主要部分は桧材と松材。彫刻等細部は松材を主に使用。
天井 升組みの上に折り上げ小組み格天井(ごうてんじょう)仕上げ。
欄間 正面は牡丹に孔雀模様他、内部三方にも二段に菱欄間と彫刻欄間(ご要望にお応えいたします。)
厨子須弥壇 厨子・・・正面唐破風造り。御宮殿
須弥壇・・・上下蒲鉾形の框。上下襞(ひだ)、腰海老束造り、腰の内部および高欄彫刻入り。
飾り金具 純銅板に手彫りにてタガネ等を用いて花や唐草を透かし彫り。本金メッキ仕上げ。
漆塗り 良質天然本漆使用。堅地および半田地下地〜中塗り〜上塗り(全25工程)雨戸は本欅無垢板に天然本漆を摺り込み、板目が見えるように目はじきに仕上げる。台と引き出し付きの地袋は、木目を活かした木地蝋色仕上げ。
蝋色・摺り上げ 漆塗り表面は蝋色(凸凹を炭で研ぎ平滑にするとともに、生漆と鹿の角粉(超微細コンパウンド)で鏡面化する工程)仕上げ。金箔押し部分は、摺り上げ(金箔部分の輝きを均一にするための工程)仕上げ。
金箔 純金箔は高純度、高品質の縁付き1号色を使用。
蒔絵 色漆や金銀粉・青貝等を使い、蘭陵王、舞台、楽太鼓等を描いた舞楽の蒔絵入り。
彩色 彫刻には岩絵の具や金箔、金泥を使い、金彩色仕上げ。★



経済産業大臣が指定した伝統的工芸品仏壇です。すべての職工程において名古屋の工部組合各職の伝統技法を使い名古屋で製造されたものでなければならず、厳しい検査を受けてそれに合格した仏壇
伝統的工芸品証" 木地 ほぞ組みによる組み立て方式であるこ
基本構造材には桧材を使用すること ( 一部合板の使用も認める)
塗り すべて精製本漆による手塗りとすること
木目出し塗りの場合は呂色仕上をすること
屋根 名古屋地域内で制作されたものを使用
彫刻 名古屋地域内で制作されたものを使用
表金具 手打ち金具を使用すること 一部電鋳の使用も認める
内金具 手打金具に防錆加工を施したものを使用 一部電鋳の使用も認める
蒔絵 すべて手描き蒔絵とする
箔置き すべて本金箔の手置きとすること★



★京都で創業1830年以来、仏壇・仏具一筋に歩んできた若林が自信を持ってお奨めする「伝統的工芸品京仏壇です。その製作の過程はそれぞれが専門の分野に分かれ、総合組み立てにいたるまで京都にて一貫した製作がなされています。受注生産が基本ですから、お客様のご要望に沿ったお客様だけのお仏壇が製作できます。
詳細 各宗派用 最上品 三方御堂造り 小口三方前開き/ 天然本漆塗り 純金箔押し
【寸法】外巾114cm 奥行85cm 高さ183cm
木地材料 本体の主要部分は桧材と松材。彫刻等細部は松材を主に使用。
天井 升組みの上に折り上げ小組み格天井(ごうてんじょう)仕上げ。
欄間 正面は雲に天人模様他、内部三方にも二段に菱欄間と彫刻欄間(ご要望にお応えいたします。)
厨子須弥壇 厨子・・・正面唐破風造り。御宮殿
須弥壇・・・上下蒲鉾形の框。上下襞(ひだ)、腰海老束造り、腰の内部および高欄彫刻入り。
飾り金具 純銅板に手彫りにてタガネ等を用いて花や唐草を透かし彫り。本金メッキ仕上げ。
漆塗り 良質天然本漆使用。堅地および半田地下地〜中塗り〜上塗り(全25工程)雨戸は本欅無垢板に天然本漆を摺り込み、板目が見えるように目はじきに仕上げる。台と引き出し付きの地袋は、木目を活かした木地蝋色仕上げ。
蝋色・摺り上げ 漆塗り表面は蝋色(凸凹を炭で研ぎ平滑にするとともに、生漆と鹿の角粉(超微細コンパウンド)で鏡面化する工程)仕上げ。金箔押し部分は、摺り上げ(金箔部分の輝きを均一にするための工程)仕上げ。
金箔 純金箔は高純度、高品質の縁付き1号色を使用。
蒔絵 漆や金銀箔・青貝等を使い、前引き出しと障子の下部には蓮模様の本蒔絵入り。
彩色 彫刻には岩絵の具や金箔、金泥を使い、金彩色仕上げ。★


★香りの高い「木曽桧」を使用した神棚(神殿)の中でもひときわ高級は品です。
重厚で量感のあるフォルム、緻密な構成、細部にわたるシャープで華麗な彫刻など、高度な技術を誇る「よりおか」ならではの神殿をお楽しみ下さい。★

★【外宮】神明造り

屋内にお祀りする神棚に対して、屋外にお祀りする祠を外宮といいます。お稲荷様をお祀りする際には稲荷外宮ともいいます。

【 外宮 】八幡宮 尺は、御神木と言われる木曽桧を使用しております。

外宮の屋根は銅板葺き仕上げとなっており、伊勢神宮社殿に似せた造りで、千木、鰹木が施されているのが大きな特徴です。


外宮屋根:銅板葺き
外宮扉金具:真鍮製★


★【彫刻】
川隅重美:元造幣局工芸管理官 日本芸術メダル協会前理事長
【メダル表面】
御祭神・大國主大神の御姿「御慈愛の御神像」と中央上部に出雲大社の御紋章を掲げ、下部に大國主大神の文字。
御神像の左右には、御本殿の天井に描かれた「八雲之図」の雲を彫刻。
【メダル裏面】
平成の大遷宮で修造された御本殿の大屋根の鬼板や千木、勝男木を鮮やかに彫刻し、上部に出雲大社、中央に紋章と平成大遷宮の文字、下部に「本殿遷座祭」の平成25年5月10日の文字を彫刻。

【サイズ】
50mm×60g
【納期】
純金メダル:2〜3週間
純銀メダル:5日★


★★ 仏像仏具は 「非課税財産」

  ・金・銀等の貴金属は、不動産や車等
   と異なり、 保有に関する 税金 ( 固定
   資産税など )は、 かかりません。

  ・また、金製・銀製 仏像仏具は、日々
   のご先祖様への お参り等に お使い
   頂いている場合、 非課税財産として
   相続税 が、 かかりません。

 【参考】 相続税法 第12条 1項 2号
       同法基本通達 第12条関係 12-2 参照★